海外添乗員への道

お仕事をお探しの方へ

マンデラの海外添乗の特徴

line
梅津夏妃
梅津夏妃
出身学校
青山学院女子短期大学英語科
経歴
1985年長野県生まれ。短大卒業後、株式会社読売アクティブで海外・国内添乗で活躍。その後、転職で2009年よりマンデラへ。
数ある会社の中でマンデラを志望した理由
  • 海外専門で国内添乗をやる必要がなかったこと。
  • 「人柄が良くて、真面目ないい添乗員さんが多いよ」という 、いい噂話を、いつもマンデラに添乗依頼をしている、ある旅行会社の営業社員さんから聞いて。
  • 実際に研修期間でマニュアルを読み、細かい添乗テクニックもさることながら、まずは添乗に対する思いからして、今までの会社とは全く違った“情熱と誇り”を持ったものとして書かれていたのに、感銘を受けました。そんなことは他社では感じたことがなく、「こんな思いを共有しながら、みんなで上を目指して行くことができたら!」と思い、是非そんな会社の一員となって働きたいと思いました。
マンデラってどんな会社
  • 人情に溢れる会社。努力しない人には厳しいが、努力して失敗した人には、全力でファローをしてくれる、とても理解のある会社です。
  • 完全実力主義。ここまで年功序列が取っ払われている会社も珍しい。(アンケートを元にした評価体制で、お給料も添乗先も変わっていきます。そこには、経験年数、年齢は一切関係がありません。)
海外添乗員を志す方へのメッセージ

この業界の大方の会社は、年功序列制度をとっています。いろいろな国へ行くのも、まして海外へ行くのさえ、数年という時間を要します。そしてまた一緒に働く先輩と呼ばれる方々が、どんなに素晴らしくとも、どんなに手を抜くことが好きであっても、彼らが先輩である以上、アサインの順序が変わることはありません。それがこの添乗業界の多くの会社の一般的な姿です。

私はそんな他社の環境が嫌で、マンデラに巡り会いました。ここでの6年間では多くのチャンスとサポートを頂き、お陰様で約100カ国の国を訪れ、多くの経験をさせて頂きました。また、アンケートを元にした評価体制も、時に厳しいご意見も頂戴しますが、一つ一つの自分の仕事を反省しながら、常に何かしらの課題を見つけることができ、仕事自体のやりがいにもつながっています。
本気で海外添乗をする気がある皆さんには、ぜひマンデラを選んで頂きたい!!みなさんのエントリー、お待ちしています!

マンデラの特徴ですか・・・・それは働いているメンバーがとにかくアツイ!!ことではないかと個人的には思います!(笑)また、本気で添乗を極めたいような人には向いていますが、反対にマイナス点を挙げますと適当な感じで添乗をやりたい方には無理で向かない会社です。長くなりましたが、それではマンデラの特徴を是非ご一読下さい!

shim
shim
個人旅行等で色々と海外旅行に行っている、海外旅行好きな添乗員が多い会社です。
フットワークのいい添乗員が多い会社です。
女性添乗員が比較的多い会社です。
添乗員の年齢は20歳代〜30歳代が中心の会社です。
お酒の強い添乗員の多い会社です。
人柄のいい、且つ、個性的な添乗員が多い会社です。
未経験者から添乗をマンデラでスタートした添乗員の多い会社です。
旅行会社の営業職からマンデラの海外添乗職へ転職も比較的多い会社です。
海外専門系の一般募集型の添乗に対応した教育をする会社です。
年功序列評価ではなく、お客様(旅行会社・ツアー参加者)の評価がベースの会社です。

2014年12月17日撮影

dot line
back page top
clear
clear